ケアマネジャーの資格要件を知りたい!

ケアマネージャーの資格要件が2018年から

 

大きく変わります。

 

今まで無資格者でも一定期間の介護の仕事をしていれば

 

ケアマネージャーの受験資格が与えられていたんですが、

 

2018年からは有資格者のみとなります。

 

では、2017年までのケアマネの資格要件と、

 

2018年のケアマネの資格要件を見ていきましょう。

 

ケアマネージャーの受験資格は?

 

2017年までのケアマネージャーの資格要件

 

f:id:wanshisshin:20170407115128j:plain

2017年度までのケアマネの資格試験受験条件ですが、

 

ホームヘルパー2級または社会福祉主事任用資格の

 

資格保持者は介護に関わる施設または障がい者施設で

 

要介護者に対する介護業務を5年以上行うと

 

受験資格が与えられます。

 

在籍期間は900日以上で受験資格をクリアできます。

 

また、2017年度までは無資格者であっても

 

介護に関わる施設または障がい者施設で

 

要介護者に対する介護業務を10年以上行うと

(在籍日数は900日以上)

 

ケアマネージャーの資格試験を受けることができていました。

 

2018年からのケアマネージャー資格試験要件

2018年からのケアマネの資格試験の受験条件が

 

大幅に変わります。

 

一番大きな変化は無資格者はケアマネの試験の受験資格がなくなることです。

 

2018年からケアマネの受験ができる人は、

 

生活相談員

・支援相談員

・相談支援専門員

・主任相談支援員

 

のいずれかの資格保持者で、

 

さらに

資格保持者は介護に関わる施設または障がい者施設で

 

要介護者に対する介護業務を5年以上行うと

 

受験資格が与えられます。

 

在籍期間は900日以上で受験資格をクリアできます。

 

 

このように、2017年度と2018年度とでは

 

ケアマネの資格要件が大きく変わりますので、

 

無資格者で受験資格を満たしている人は、

2017年中での資格を受験することをおすすめします。