ケアマネジャーの資格試験はどんな内容なんだろう?

日本では、これからも老人人口が増えていき、

 

介護需要がますます高まります。

 

 

よく耳にする「ケアマネージャー」。

 

「ケアマネ」とも言われていますね。

 

ではケアマネージャーはどんなお仕事で、

 

どんな資格試験内容なんでしょうか?

 

ケアマネージャーの資格試験の内容って?

 

ケアマネージャーとは?

f:id:wanshisshin:20170405101252j:plain

 

よく聞くケアマネ。

 

一体どんな仕事なんでしょうか?

 

まず、介護を必要とする人にどんな介護プランが適切か?

 

要介護の人が必要なサービスを受けるためにケアプランを

 

考えるのがケアマネージャーの役割りです。

 

つまり、

 

要介護者⇔介護施設・サービス

 

がスムーズにそして円滑に進むように考えて手配するのがケアマネですね。

 

ケアマネージャーは事業所に必ず必要!

ケアマネージャーは介護の事業所には必ず必要です。

 

これから高齢者人口が増えていく中で

 

介護施設も増えていくことでしょう。

 

施設には必ずケアマネージャーが必要ですから、

 

これからの需要を考えると引く手あまたなのがケアマネと言えるでしょう。

 

ケアマネージャーの資格試験の内容は?

ケアマネの資格試験は合格率19%前後とかなり難易度が高いです。

 

資格試験には問題が全部で60問出され、

 

70点以上が合格基準と考えられています。

 

試験内容は多岐に渡り、

 

大きくわけると、

 

「介護支援分野」と「保険医療福祉サービス分野」にわかれます。

 

中には難易度の高い問題が毎年いくつか出題されます。

 

難易度の高い問題は他の人にとっても、難しい問題です。

 

そのため、基礎問題・かんたんな問題は必ず正解するというように、

 

ケアレスミスには注意して試験にのぞむべきです。

 

2018年からさらにケアマネージャーの資格要件が改訂され、

 

試験を受ける条件が引き上げられます。

 

なので、ケアマネの資格を取得したい!という方は

 

今年が難易度が上がる前のラストチャンスということになります。