介護士の資格条件にはどんなものがある?

介護福祉士の資格条件は

 

どんな内容なんでしょうか?

 

いざ受験する時に「条件を満たしてなかった!」

 

と慌てる前にぜひ参考にしてみてください。

 

 

介護福祉士の資格条件の内容は?

介護福祉士の資格条件が

 

他の国家資格と大きく違うのが

 

「在職期間」を問われること。

 

一日でも足りないと資格試験の条件を満たせないので

 

注意が必要ですね。

 

介護福祉士の在職期間について

f:id:wanshisshin:20170329151758j:plain

 

実務期間で就業した日から筆記試験の前日まで、

 

従業期間3年以上なおかつ540日以上であるのが条件になります。

 

 

在職期間とは、介護施設等に就職してから退職する日までを

 

指します。

 

在職期間と従業期間の違いに注意!

在職期間とは、雇用先に在籍していた期間です。

 

休日なども含まれているんですね。

 

しかし、介護福祉士の資格条件は

 

従業日数が540日以上と決められています。

 

実際に就労している日数なので、

 

休日などには注意したいですね。

 

アルバイトは従業期間としてカウントされないことも

 

気をつけたいのが、介護系のアルバイトです。

 

アルバイトでの仕事の日数は介護福祉士の資格条件にカウントされないことが多いです。

 

 

これを確認するには、

 

雇用契約書に「介護業務」という記載があるかどうかです。

 

仕事内容に関わらず、

 

介護業務と契約書に書かれていなければ

 

従事期間には含まれないので注意しましょう。

 

介護業務の範囲は?

アルバイトなどでもそうですが、

 

介護福祉士の資格条件になる

 

介護の業務はどこからどこまでの範囲になるんでしょうか?

 

生活支援員や児童指導員、職業指導員等は

 

「介護業務」と記載がない限り介護業務としては認められません。

 

医師や看護師、作業療法士言語聴覚士などの

 

専門職も介護職とは認められないので注意しましょう。

 

 

 

 

介護福祉士の資格は中卒でも取れるの?

介護福祉士の資格は中卒でも取れるんでしょうか?

 

最初に答えを言うとイエスです。

 

学歴関係なしに介護福祉士の資格を

 

取得することができます。

 

 

ただし、条件があります。

 

介護福祉士の資格は中卒でも取得できる?

f:id:wanshisshin:20170328164802j:plain

介護福祉士の資格取得の方法は3つ!

介護福祉士は国家資格。

 

国家資格だと難しそう!と思うかもしれませんが、

 

そんなことはありません。

 

まず、資格の取り方なんですが、

 

■高校卒業後、専門学校の介護系で2年以上勉強すると、

卒業と同時に介護福祉士の資格が取得できる。

(将来的には資格試験を取り直さないといけなくなる予定)

 

■高校の福祉科に通い、卒業後9か月以上介護の実務経験を

行って国家資格試験に受かると介護福祉士の資格がもらえる

 

■介護施設で3年以上働いて

介護福祉士の国家資格に受かれば資格が取得できる。

 

 

つまり、中卒であれば最後の

 

介護施設で3年働いたあと、国家資格に合格すれば

 

介護福祉士の資格を取得できる、ということになりますね。

 

介護福祉士の資格の難易度は?

介護福祉士の資格はどのぐらい難しいのでしょうか?

 

国家資格というのは、医師免許や弁護士の資格、看護師、

 

宅建とありとあらゆる資格試験があります。

 

これらの資格は難易度が高く、

 

合格率数%というのも珍しくありません。

 

 

しかし、介護福祉士の合格率は50%-60%です。

 

国家資格の中でもダントツに取得しやすい資格なんですね。

 

3年の実務経験を積んでしっかり勉強すれば

 

きちんと介護福祉士の資格は取れるはずです。

 

国家資格では筆記試験がありますから、

 

通信講座などで筆記試験の勉強を

 

しっかりこなすといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

介護士の資格の取り方は?

日本は超高齢者社会。

 

 

これから介護士の需要はますます高まるばかりです。

 

今でさえ人材不足ですから、

 

介護士の資格があればなおさら就職に有利となります。

 

 

介護士の資格はどうやって取得できるんでしょうか?

 

 

介護士の資格の取得方法を知りたい!

f:id:wanshisshin:20170105145739j:plain 

まずは介護士資格の種類から

 介護の資格といっても、

 

介護関連の資格は多くあります。

 

■介護職員初任者研修過程(旧ホームヘルパー2級)

 

介護福祉士実務者研修過程(旧介護職員基礎研修)

 

介護福祉士

 

最後の介護福祉士が国家資格となります。

 

介護関連のお仕事をし出すと、

 

目指すのは介護福祉士

 

 

今回は国家資格である

 

介護福祉士の資格の取得方法を見ていきましょう。

 

介護福祉士の資格の取り方は?

 介護福祉士の資格の取り方なんですが、

 

大きくわかて3つの方法があります。

 

①実務者研修と3年以上の実務経験

 

②福祉系の高校を卒業して取得

 

③専門学校・短大・大学を卒業して資格を取得

 

 

こういった方法があります。

 

 

介護福祉士は国家資格なのですが、

 

他の国家資格と比べて比較的安易にとれます。

 

合格率も50%-60%と高めです。

 

各種学校介護福祉士の取得を目指している人は

 

きちんと授業をまじめにこなしていれば資格は取得できるはずです。

 

ハローワークでも介護関連の資格が取れる?

実はハローワークでも介護関連の資格が取得できます。

 

ハローワークで資格が取れるのは、

 

「介護職員初任者研修」。

 

ホームヘルパー2級ですね。

 

資格取得の費用はだいたいが2万以上3万以下が相場のようです。

 

ハローワークでの講座なので無職であることが条件です。

 

アルバイトでも派遣でも、就職していた場合は

 

受講資格がありません。

 

主婦は無職扱いになるため受講資格があります。

 

 

費用も安く提供されている講座なので

 

とても人気があります。

 

ただ、介護のお仕事をしてみたい!

 

というのであればいい機会なので応募してみるのも手ですね。